市場ニュース

戻る

【材料】スパークス・グループ<8739>のフィスコ二期業績予想

スパークス <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年8月1日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

スパークス・グループ<8739>

3ヶ月後
予想株価
270円

独立系投信投資顧問会社。投資運用業務、投資信託委託業務、投資助言業務、証券業務などを展開。再生可能エネルギー発電施設投資も。運用資産残高は横ばい。増収効果で費用増こなす。19.3期1Qは2桁増収増益。

成功報酬は減少だが、残高報酬は2桁増。基礎収益は堅調。投資有価証券売却益計上。19.3期通期は増収増益か。足元の利益成長鈍化が上値抑制要因。PBRの見直し余地も限定的。今後の株価は上値の重い展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/13,700/6,700/6,800/4,750/23.59/7.00
20.3期連/F予/14,200/6,900/7,000/4,850/24.09/7.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/08/01
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均