市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は111円10銭台、日本の長期金利が低下

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

 27日午後の東京市場でドル・円は小幅に上昇し、足元は111円10銭台で推移している。日本の長期金利の低下で円売りが進み、ドル・円を押し上げている。日銀が今月2回目の指し値オペを実施した。また、日経平均株価は前日比小高く推移し、株高を意識した円売りも観測される。米国の4-6月期GDP速報値の発表を控え、ドル買いムードも強い。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円92銭から111円25銭。ユーロ・円は129円20銭から129円53銭、ユーロ・ドルは1.1638ドルから1.1655ドルで推移。

《KK》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均