市場ニュース

戻る

【市況】後場の日経平均は49円安でスタート、日経平均を構成する大型株が軟調に推移/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 22564.46 (-49.79)
TOPIX  : 1763.32 (+9.84)

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比49.79円安の22564.46円と前引け値よりもやや下げ幅を広げて始まった。日銀によるETF購入配分の見直しが伝わったことで海外ヘッジファンドによる225先物売りが観測され、寄付直後からマイナスに転じて推移する格好になっている。

 日経平均マイナス寄与度トップはエーザイ<4523>で15%以上の下落。ファーストリテ<9983>やファナック<6954>をはじめとした225型の銘柄も引き続き売られている。東証1部の値上がり数は1715に対し、値下がり数は306であり、指数インパクトの大きい銘柄が相場の重しとなっている。日経平均を構成する大型株が軟調に推移する中、中小型株は堅調に推移。

 セクター別では医薬品、証券・商品先物取引業、情報・通信業が下落。一方で、鉱業、陸運業、ガラス・土石製品は堅調。
《HH》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均