市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は111円30銭近辺、人民元相場の動向が目先の手掛かり材料に

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

25日午前の東京市場でドル・円は111円30銭近辺で推移。日経平均株価は57円高で推移しており、株価再上昇の可能性は残されている。ただし、目先的に人民元相場の動向は無視できないことから、人民元の中心レート公表までは様子見姿勢を続ける投資家は多いようだ。ここまでのドル・円の取引レンジは111円15銭から111円32銭。
・ユーロ・円は、129円86銭から130円11銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1679ドルから1.1692ドルで推移

■今後のポイント
・111円近辺で個人勢などのドル買い興味
・1ドル=112円-115円台で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値68.84ドル 安値68.65ドル 直近値68.73ドル

《MK》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均