市場ニュース

戻る

【材料】ムーンバットは半年ぶり年初来高値更新、真夏の太陽を遮る日傘に特需思惑

ムーンバット <日足> 「株探」多機能チャートより
 ムーンバット<8115>は続伸、一時52円高の1048円まで上値を伸ばし、1月22日につけた1012円を払拭して半年ぶりに新高値に買われた。連日の記録的な猛暑で関連銘柄が物色対象として再注目される流れにある。今年一番の暑さとなった前日、埼玉県熊谷市で41.1度という観測史上最高気温を記録し話題となった。きょうも日本列島は「スーパー猛暑」の只中にある。同社は洋傘の老舗だが、高級日傘を手掛けており、女性層を中心に“特需”を確保するとの思惑が株価を押し上げている。思惑先行の材料株としてのイメージが強いが、PER11倍前後で、PBRは0.5倍台と株価指標面でも割安感が際立っており、個人投資家資金などの追随買いを誘発、売買高も増勢顕著となっている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新日:2018年07月24日 12時54分

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均