市場ニュース

戻る

【通貨】今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆130円台前半で下げ渋る展開が予想される

ユーロ円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は2018年前半にもフォワードガイダンスを変更するとの思惑が広がったことで、一時1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。自動車輸入関税について、欧州連合(EU)と米国が近く協議するとの期待は残されており、ユーロ買い材料となる。また、トランプ大統領が欧州による為替操作について批判しており、米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロの対円レートは130円台前半で下げ渋る展開が予想される。

【ユーロ売り要因】
・ドイツの景況感悪化
・米FOMCは金利見通し引き上げ
・ECBの政策金利は長期間据え置きへ

【ユーロ買い要因】
・欧州連合(EU)は自動車関税引き下げでトランプ大統領との協議検討
・ECBによる資産買い入れ策は年内終了へ
・米長期金利の上げ渋り

《CS》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均