市場ニュース

戻る
2018年07月04日18時28分

【市況】4日の日本国債市場概況:債券先物は150円94銭で終了

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

<円債市場>
長期国債先物2018年9月限
寄付150円95銭 高値150円97銭 安値150円93銭 引け150円94銭
売買高総計13643枚

2年 389回 -0.130%
5年 135回 -0.120%
10年 350回 0.020%
20年 164回 0.485%

債券先物9月限は、150円95銭で取引を開始。前日のNY市場で米長期金利が低下したことを受けて買いが先行し、日経平均株価は下落幅を縮小して引け、円買いがやや優勢となるなかで、150円93銭から150円97銭で推移した。日銀が実施した国債買い入れオペは無難との見方だった。現物の取引では、2年債、10年債、20年債が買われ、5年債はもみ合いになった。

<米国債概況>
独立記念日で休場。


<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.29%、英国債は1.26%で推移、オーストラリア10年債は2.58%、NZ10年債は2.76%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:-4.9%)
・米国休場(独立記念日)

《KK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均