市場ニュース

戻る

【材料】三井海洋が3日ぶり反発、豪バロッサ鉱区向けFPSOの基本設計業務を受注

三井海洋 <日足> 「株探」多機能チャートより
 三井海洋開発<6269>が3日ぶりに反発している。3日の取引終了後、オーストラリア沖合で開発中のバロッサ鉱区向けFPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)の基本設計業務をコノコフィリップス・オーストラリア社から受注したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 なお、バロッサ鉱区は、オーストラリア・ダーウィンの北方約300キロメートル沖合に位置する海洋ガス田で、ガスおよびガスに付随するコンデンセート(極めて軽質の原油)の生産が計画されている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均