市場ニュース

戻る

【市況】3日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は132ドル安と4日ぶり反落

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 3日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比132.36ドル安の2万4174.82ドルと4日ぶりに反落した。

 4日の独立記念日を前にこの日は半日取引だった。朝方、NYダウは上昇して取引が始まったが、引けにかけ半導体やIT関連株が売られ、結局100ドルを超す下げとなった。中国の裁判所が特許侵害の疑いで半導体のマイクロン・テクノロジーに販売差し止めの仮命令を下したと伝わり、同社株が急落。アプライド・マテリアルズやラムリサーチなど半導体株が安い。アップルやフェイスブックも値を下げた。半面、エクソンモービルやコカ・コーラ、ウォルマートが上昇した。

 ナスダック総合株価指数は、前日比65.013ポイント安の7502.674と4日ぶりに下落。出来高概算は、ニューヨーク市場が4億8915万株、ナスダック市場は11億7142万株となった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均