市場ニュース

戻る
2018年07月04日07時04分

【市況】3日のNY市場は下落

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 24174.82 (-132.36)
NASDAQ  : 7502.67 (-65.01)
CME225  : 21700 (-10(大証比))

[NY市場データ]

3日のNY市場は下落。ダウ平均は132.36ドル安の24174.82、ナスダックは65.01ポイント安の7502.67で取引を終了した。独立記念日の前日で午後1時までの短縮取引で閑散取引となる中、原油相場の上昇を受け、エネルギーセクターを中心に買いが先行。中国の裁判所が半導体のマイクロン・テクノロジー(MU)の販売禁止を命じたことが明らかになるなど、ハイテク銘柄を中心に売りが広がり、上げ幅を縮小して下落に転じた。セクター別では、電気通信サービスやエネルギーが上昇する一方で半導体・半導体製造装置やテクノロジー・ハード・機器が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比10円安の21700円。ADRの日本株は資生堂<4911>、TDK<6762>、日東電<6988>が堅調は他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、三井住友<8316>など、対東証比較(1ドル110.57円換算)で全般冴えない。
《TM》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均