市場ニュース

戻る

【市況】NY原油:反落で73.94ドル、トランプ米大統領がサウジアラビアに増産要請


NY原油先物8月限は反落(NYMEX原油8月限終値:73.94 ↓0.21)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比-0.21ドルの73.94ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時72.51ドルまで売られた。トランプ大統領がサウジアラビアに増産を求めたことを嫌って短期筋の売りが一時活発となった。ただし、一部産油国の生産水準は高まっていないことから、73ドル近辺で押し目買いが観測されており、原油先物の下げ幅は縮小した。
《CS》

 提供:フィスコ

日経平均