市場ニュース

戻る
2018年07月02日18時02分

【通貨】明日の為替相場見通し=米ISM製造業景況指数に注目

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、米経済指標が注目されそうだ。予想レンジは1ドル=110円20~111円30銭。

 この日は、午前11時過ぎに111円06銭まで上昇したが、午後に日経平均株価が急落するとドル売り・円買いが拡大。午後4時過ぎに110円60銭までドル安・円高が進んだ。メキシコ大統領選で左派の野党候補が当選の見込みとなったほか、中国・上海総合指数の下落などが警戒感を呼んだ。ただ、欧州時間に入り110円80銭前後まで値を戻した。今晩は米6月ISM製造業景況指数が発表される。米中貿易摩擦の激化を背景に、景況感に何らかの変化があるかが、市場の注目を集めている。また、米5月建設支出の発表も予定されている。



出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均