市場ニュース

戻る

【経済】(中国)上海総合指数は0.21%安でスタート、米中貿易摩擦への警戒感が根強い

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

2日の上海総合指数は売り先行。前日比0.21%安の2841.58ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時43分現在、0.20%安の2841.83ptで推移している。米中貿易摩擦への警戒感が根強いことが引き続き圧迫材料。また、住宅ローン貸出規制の強化なども金融や不動産セクターの売り手掛かりとなっている。一方、金融政策がやや緩和的に傾いていることが指数をサポートしている。

《AN》

 提供:フィスコ

日経平均