市場ニュース

戻る

【材料】海洋掘削はストップ高、「日本郵船が支援有力」と報道 23日上場廃止でマネーゲームの様相

海洋掘削 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日本海洋掘削<1606>がストップ高。1日付の日本経済新聞は、経営破綻した同社の支援企業に「日本郵船<9101>が有力候補として浮上したことが明らかになった」と伝えた。日本海洋掘削が持つ資源掘削船などの技術を取り込む狙いがあるという。同社は先月22日の取引終了後、東京地方裁判所に会社更生手続きの申し立てを行い、受理されたと発表。負債総額は単体で約904億円。これを受け、東京証券取引所は同社株を6月22日から7月22日まで整理銘柄に指定し、7月23日に上場廃止とすることを発表している。上場廃止まで3週間ほど時間があることから、この日は投機的な短期資金が流入し、マネーゲーム的な性格を濃くしている様子だ。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新日:2018年07月02日 10時39分

日経平均