市場ニュース

戻る
2018年07月01日21時06分

【材料】カネ美食品<2669>のフィスコ二期業績予想

カネ美食品 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年6月18日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

カネ美食品<2669>

3ヶ月後
予想株価
3,300円

惣菜・弁当を製造販売。中部地盤。ユニー・ファミマHDの連結子会社。惣菜店舗はユニーを軸に出店。弁当・おにぎりが中心の外販は多くがファミマ向け。19.3期は親会社のコンビニ再編に伴って外販事業が大幅に悪化。

19.2期は決算期変更に伴う11カ月変則決算。親会社のコンビニ再編に伴う混乱収束し、採算改善。工場再編や製造品目見直しなどの効果も発現し、黒字化へ。減損損失減少。株価は利益底入れを背景に下げ止まると想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.2単/F予/82,950/485/550/230/23.37/60.00
20.2単/F予/91,000/800/860/500/50.81/60.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/06/18
執筆者:JK

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均