市場ニュース

戻る
2018年07月01日18時00分

【材料】旭ダイヤモンド工業<6140>のフィスコ二期業績予想

旭ダイヤ <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年6月15日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

旭ダイヤモンド工業<6140>

3ヶ月後
予想株価
930円

ダイヤモンド工具トップで国内シェア約3割。電子・半導体、自動車、機械、石材・建設など用途多数で取引先は多方面。ダイヤモンドジュエリーなど宝飾品販売も展開。18.3期は営業増益。19.3期は純増益を計画。

電着ダイヤモンドワイヤは太陽電池向け中心に需要増も、価格競争が激化。採算重視し、販売数量は大幅減へ。設備減損による減価償却費は減少し。中国メーカーとの競争はワイヤ細径化で差別化。株価は低迷も、反発間近か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/43,000/2,700/3,350/2,250/40.40/13.00
20.3期連/F予/45,000/3,300/3,800/2,500/44.90/13.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/06/15
執筆者:YT

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均