市場ニュース

戻る

【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日ぶり反落、エディア、すららネットが売られる

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 28日大引けの東証マザーズ指数は前日比15.54ポイント安の1067.48ポイントと3日ぶり反落。値上がり銘柄数は57、値下がり銘柄数は193となった。

 個別ではフィット<1436>、ミクシィ<2121>、トランスジェニック<2342>、メディネット<2370>、手間いらず<2477>など45銘柄が年初来安値を更新。エディア<3935>、すららネット<3998>、ライトアップ<6580>、プロパティデータバンク<4389>、ビープラッツ<4381>は値下がり率上位に売られた。

 一方、アイ・ピー・エス<4390>がストップ高。アンジェス<4563>は一時ストップ高と値を飛ばした。ホットリンク<3680>、シェアリングテクノロジー<3989>、ZUU<4387>、JMC<5704>、アーキテクツ・スタジオ・ジャパン<6085>など6銘柄は年初来高値を更新。サインポスト<3996>、アジャイルメディア・ネットワーク<6573>、ALBERT<3906>、ソレイジア・ファーマ<4597>、トレンダーズ<6069>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

日経平均