市場ニュース

戻る
2018年06月27日18時02分

【通貨】明日の為替相場見通し=FRB高官発言など注目

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)高官発言などを注視する展開となりそうだ。予想レンジは1ドル=109円20~110円50銭。

 この日、ドルは朝方110円20銭前後で推移していたが、200日移動平均線が上値を抑え109円後半へ軟化する展開となった。依然、米中貿易摩擦の行方が注目されるが、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策に対する関心も高い。特に、今晩はクオルーズFRB副議長の講演が予定されているほか、ローゼングレン・ボストン連銀総裁の講演も実施される見通しだ。さらに米5月耐久財受注などの発表も予定されている。


出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均