市場ニュース

戻る

【特集】ロックオン Research Memo(4):18/9期2QはマーケティングPF事業が積極投資により20%を超える伸び

ロックオン <日足> 「株探」多機能チャートより

■業績動向

1. 2018年9月期第2四半期の業績概要
株式会社ロックオン<3690>の2018年9月期第2四半期の売上高は877百万円(前年同期比3.7%増)、営業損失70百万円(前年同期は102百万円の利益)、経常損失81百万円(前年同期は118百万円の利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失58百万円(前年同期は83百万円の利益)となり増収減益となった。

売上高に関しては、主力のマーケティングPF事業が前年同期比21.6%増と成長が加速した。マーケティング&セールスへ積極投資(売上比で35%)したことで、主力サービス「アドエビス」のアカウント数が大幅増加、顧客単価に関しても微増となった。一方で商流PF事業はEC受託開発業務(ソリューション)の移管を進めたため大幅減収。全社として前年同期比3.7%と小幅な増加となった。

営業利益に関しては、マーケティングPF事業への積極投資を行い赤字決算とした。内訳としては、人件費が124百万円増(前年同期比)、広告宣伝費及び代理店手数料が52百万円増(同)が主な投資である。弊社試算では、同社の生涯顧客価値(LTV)は約2.7百万円、それに対して実際の1顧客獲得コスト(CAC)は約0.9百万円となっており、結果としてコストは3分の1程度であり、経済的に十分正当化できる適性水準と言えるだろう。なお、商流PF事業は、前期までに事業再編が終了しセグメント利益が黒字化した。


自己資本比率73.9%、高い安全性を維持
2. 財務状況と経営指標
2018年3月末の総資産は1,627百万円となり、前期末比188百万円の増加となった。主な増加は、現金及び預金の79百万円増、ソフトウェアなどを主とする無形固定資産45百万円増が主な要因である。

負債合計は前期末比219百万円増の424百万円となった。主な増加は、流動負債の219百万円増であり短期借入金の増加が要因である。

経営指標(2018年3月末)では、流動比率282.5%、自己資本比率73.9%と高く、安全性に懸念はない。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《MH》

 提供:フィスコ

日経平均