市場ニュース

戻る
2018年06月25日14時21分

【材料】浜松ホトニクはプラス圏に浮上、本社工場における半導体事業の生産能力を増強

ホトニクス <日足> 「株探」多機能チャートより
 浜松ホトニクス<6965>が後場プラスに転じている。この日、光半導体モジュール製品の売り上げ拡大に対応するため、本社工場(浜松市東区市野町)に新たに14棟の建設を行うと発表しており、生産能力拡大による業績への貢献を期待した買いが入っている。

 新棟建設は、本社工場内に分散していた光半導体モジュール製品の開発部署を集約するとともに生産スペースを集約・拡張することで、光半導体モジュール製品の開発の迅速化と生産能力を拡充するのが狙い。また、製品倉庫および出荷機能を新棟に移転し、受注、調達、倉庫、出荷までの物流機能を本社工場に集約することで、業務の効率化や情報の共有化を図り、顧客対応の迅速化を進めるとしている。なお、竣工は7月の予定。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均