市場ニュース

戻る
2018年06月25日13時02分

【材料】ミネベアミツミは反発、国内有力調査機関が投資判断を引き上げ

ミネベア <日足> 「株探」多機能チャートより
 ミネベアミツミ<6479>は反発している。東海東京調査センターが22日付で、投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」とし、目標株価を3000円としたことが好材料視されているようだ。

 同社は、19年3月期から会計基準を日本基準からIFRSに移行するため、業績の単純比較はできないが、ベアリング需要活況やミツミ事業の生産性改善貢献で、業績拡大を予想。同センターでは、会社計画の19年3月期営業利益830億円に対して880億円と予想している。また、続く20年3月期営業利益は950億円、21年3月期は1050億円と見込んでいる。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均