市場ニュース

戻る

【材料】日本特殊陶業<5334>のフィスコ二期業績予想

特殊陶 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年6月14日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本特殊陶業<5334>

3ヶ月後
予想株価
3,300円

スパークプラグ、セラミックス製品を製造。海外売上比率8割を超え、自動車用プラグと排気系センサーは世界首位。環境規制強化により事業機会拡大中。18.3期実績は大幅営業増益。19.3期も増収・増益を計画。

為替前提は1ドル=105円。プラグは新興国向けの急拡大と高付加価値プラグ増加で生産能力逼迫。点火プラグ販売数量は20%超の成長視野。排気系センサーは高付加価値製品が好調。業容良く、株価は上値追いを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/436,000/72,000/75,000/52,500/252.50/70.00
20.3期連/F予/447,000/77,000/80,000/55,600/262.50/70.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/06/14
執筆者:YT

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均