市場ニュース

戻る

【材料】住友ゴム工業<5110>のフィスコ二期業績予想

住友ゴ <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年6月14日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

住友ゴム工業<5110>

3ヶ月後
予想株価
2,000円

国内2位、世界6位のタイヤメーカー。買収した英国タイヤ販売会社は英市場シェア約2割。日本政策投資銀行の「DBJ環境格付」で最高ランクを取得。18.12期1Qは大幅増収・増益。通期でも、増収・増益を計画。

タイヤ販売価格値上げの効果が浸透。石油系材料など天然ゴム以外の原材料価格上昇の影響は通期会社計画に反映済み。北米と欧州で売上増を展望。フォルケンブランドは好調。株価調整進展し、割安感台頭。反発間近か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.12期連/F予/910,000/73,000/72,000/48,000/183.00/60.00
19.12期連/F予/910,000/75,000/74,000/52,000/199.40/60.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/06/14
執筆者:YT

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均