市場ニュース

戻る
2018年06月24日18時30分

【材料】三菱ケミカルホールディングス<4188>のフィスコ二期業績予想

三菱ケミHD <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年6月12日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

三菱ケミカルホールディングス<4188>

3ヶ月後
予想株価
1,070円

総合化学国内最大手。アクリル樹脂原料世界1位、炭素繊維世界3位、エチレン生産能力国内1位。主要子会社は三菱化学、三菱樹脂、田辺三菱製薬、三菱レイヨン、大陽日酸など。18.3期は、大幅増収・営業増益。

宇部興産とは21.3期をメドに協業体制確立。MMAモノマーのマージン縮小や研究開発費増、薬価改定、ロイヤリティ収入減を会社計画に反映。シンガポールの停止系列 8 万トンは再稼働の方針。株価は底打ち間近か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/3,930,000/337,000/325,000/184,000/127.80/34.00
20.3期連/F予/4,000,000/375,000/365,000/195,000/135.50/35.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/06/12
執筆者:YT

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均