市場ニュース

戻る

【材料】ソフトフロントホールディングス<2321>のフィスコ二期業績予想

ソフトフロン <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年6月11日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ソフトフロントホールディングス<2321>

3ヶ月後
予想株価
200円

通信事業者向けソフト開発を展開。取引先はNTTやNEC、キヤノン、パナソニック、KDDIなど大手系列多数。エステサロンはグループ外へ。継続前提に疑義注記。組織体制の見直しで業績停滞。会社計画は非開示。

新中計では、事業拡大と21.3期の営業利益黒字化を展望。10月より、AIロボット技術活用のコールセンター向けAIオペレーターの提供を開始。営業損失縮小へ向け地固め。株価は思惑交錯しやすく、意外高も。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/1,400/-400/-400/-200/-8.98/0.00
20.3期連/F予/1,600/0/0/0/0.00/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/06/11
執筆者:YT

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均