市場ニュース

戻る
2018年06月15日11時39分

【材料】◎15日前場の主要ヘッドライン

・三菱UFJなどメガバンクが安い、海外市場の金利低下で売り優勢に
・キョウデンが上値追い加速、プリント配線板好調で12年ぶり高値圏浮上
・サイバネットは堅調、カナダ・ウィンマジック社のハードディスク暗号化製品を販売
・日本海洋掘削は4日ぶり小幅反落、日証金が15日から貸借取引で申込停止措置
・任天堂が反発、米ファンドの保有割合上昇受け買い戻しの動き強まる
・トレイダーズHDが急落、外部調査委員会の設置をネガティブ視
・ウェルビーが上場来高値、収益高成長路線で5月以降は異彩の上げ足
・3Dマトリックスが一時12.6%高と急騰、中期計画の数値目標に期待感
・コーセー反発し上場来高値、業界初のアクセラレータープログラムを実施
・オハラがS高カイ気配、18年10月期業績および配当予想を上方修正
・エニグモ大幅高で年初来高値、第1四半期営業益の通期計画進捗率27%
・明豊エンターが急騰。第3四半期は営業利益5.6倍で配当予想も増額
・FRONTEOが急反発、AIビジネス領域拡大で上昇トレンド続く
・ジャストプラが急反発、7月末を基準日として1対3株の株式分割を実施へ
・トヨタが反発、ECB理事会通過後のドル高が追い風材料に
・第一カッターが6日続伸、インフラ維持補修工事など順調で18年6月期業績予想を上方修正
・OLCが反発、2022年メドに東京ディズニーシーを拡張へ
・イマジニア大幅高、ニンテンドースイッチ用エクササイズソフトを今冬発売へ

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均