市場ニュース

戻る
2018年06月15日11時39分

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:オハラ、西松屋チェ、OLC

オハラ <日足> 「株探」多機能チャートより
■オハラ <5218>  2,719円  +500 円 (+22.5%) ストップ高買い気配   11:30現在  東証1部 上昇率トップ
 オハラ <5218> がストップ高買い気配。14日大引け後に発表した18年10月期上期(17年11月-18年4月)の連結経常利益が前年同期比2.3倍の14.7億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。半導体露光装置向け高均質ガラスや耐衝撃・高硬度クリアガラスセラミックス「ナノセラム」が好調だったほか、高性能光学機器向け新製品やレンズ加工品の販売も伸び、13.9%の大幅増収を達成した。業績好調に伴い、通期の同利益を従来予想の20億円→29億円に45.0%上方修正。従来の10.8%減益予想から一転して29.3%増益見通しとなった。併せて、期末一括配当を従来計画の20円→30円(前期は20円)に大幅増額修正したことも買いに拍車を掛けた。

■西松屋チェーン <7545>  1,329円  +112 円 (+9.2%)  11:30現在  東証1部 上昇率5位
 西松屋チェーン <7545> が急反発。14日大引け後に発表した19年2月期第1四半期(3-5月)の経常利益(非連結)が前年同期比22.3%増の33億円に伸びて着地したことが買い材料視された。20店舗を新規出店した効果に加え、紙おむつなどの消耗品や季節商品、利益率の高いPBブランド商品の販売が好調だったことが寄与。人件費や広告宣伝費などの販管費を抑制したことも増益につながった。

■エニグモ <3665>  1,614円  +101 円 (+6.7%)  11:30現在
 エニグモ<3665>が大幅高で、年初来高値を更新した。同社は14日取引終了後に、19年1月期第1四半期(2~4月)の単独決算を発表。今期から単独決算に移行したため前年同期との単純比較はできないものの、営業利益は4億7900万円と通期計画17億4500万円に対する進捗率が27.4%になったことが買い手掛かりとなっているようだ。売上高は11億4300万円で着地。ソーシャル・ショッピング・サイト「BUYMA(バイマ)」は、会員数が約524万人(前年同期比24.0%増)、商品総取扱高が98億8700万円(同12.3%増)と順調に拡大した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

■バロック <3548>  1,077円  +61 円 (+6.0%)  11:30現在
 バロックジャパンリミテッド <3548> が急反発。14日大引け後に発表した19年1月期第1四半期(2-4月)の連結経常利益が前年同期比2.0倍の2.9億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。主軸商品の開発強化や商品構成の見直し、ポイント会員アプリを活用した販売促進が奏功し、国内の既存店売上高が前年実績を上回ったことが寄与。仕入原価や物流コストの低減なども大幅増益に貢献した。

■FRONTEO <2158>  1,235円  +44 円 (+3.7%)  11:30現在
 FRONTEO<2158>が急反発。株価は5月中旬を境に上げ足を加速、13週移動平均線は990円近辺にあり、足もと上方カイ離は25%超に広がっている。同社は米国を中心に訴訟支援ビジネスを手掛けるが、人工知能(AI)技術を使ったビッグデータ分析事業を強みとしており、AIエンジン「KIBIT」を活用した案件を数多く獲得している。今週13日には特許調査・分析システム「KIBIT Patent Explorer」の機能を追加し、顧客の特許関連データを暗号化することで解析作業時の機密性を高める「データ暗号化サービス」の提供を開始したことも発表、同分野のサービス領域を広げている。

■キョウデン <6881>  583円  +20 円 (+3.6%)  11:30現在
 キョウデン<6881>が上値追い態勢を加速、5月21日の585円を上抜き2006年7月以来約12年ぶりの高値圏に再浮上してきた。同社はプリント配線板を手掛け、車載や産業機器向けで旺盛な需要を取り込むことに成功している。18年3月期営業利益は前期比47%増の30億4000万円とたかい伸びを示したが、続く19年3月期も32%増の40億円予想と好調だ。IoT時代の到来に伴うデバイスの増加がプリント基板の需要を強く喚起することから、中期的な成長余地の大きさが注目され始めている。

■ティーガイア <3738>  3,110円  +100 円 (+3.3%)  11:30現在
 携帯販売代理店最大手のティーガイア<3738>に注目。同社は19年3月期通期業績予想で、売上高5400億円(前期比2.3%減)、経常利益200億円(同30.4%増)と大幅経常増益を見込む。主力のモバイル事業では、移転・改装などの店舗機能拡充やICTの活用、変形労働制の浸透により生産性を高めることで利益を確保する。また、ソリューション事業では、法人需要拡大から販売台数・サービスの獲得ともに増加を見込む。一方、決済サービス事業では、プリペイド決済市場の成長を受け、スマートフォンを店頭でかざすことで利用できる「デジタル版QUOカード」という新たな収益基盤の創出を目指す。また、年間配当は前期比18円増の73円を予定している。株価は、今年2月以降順調に下値を切り上げ、ここきて3100円を軸にした高値圏でのもちあい商状となっている。ただ、PERは12倍台と依然として割安水準にあり、今後もジリ高歩調が期待できそうだ。

■ウェルビー <6556>  1,640円  +52 円 (+3.3%)  11:30現在
 ウェルビー<6556>が反発、5月末につけた実質上場来高値1637円を払拭、最高値街道に躍り出た。障害を持つ人などの就職を支援する就労移行支援事業を展開、安倍政権が進める「一億総活躍社会」の国策テーマに乗る銘柄としても存在感を強めている。今年3月末に1株を3株にする株式分割を行い、実施後はいったん調整を入れたものの、5月に入ってから一気に水準を切り上げてきた。業績は14年3月期以降、目を見張るほどの増収増益基調が続いており、19年3月期は伸び率が鈍化するとはいえ営業利益段階で前期比28%増の12億9500万円を予想している。PERはやや高めながら、成長力の高さを根拠にファンドなど法人筋とみられる実需買いが流入しているとみられる。

■オリエンタルランド <4661>  11,905円  +235 円 (+2.0%)  11:30現在
 オリエンタルランド<4661>が反発している。14日の取引終了後、東京ディズニーシー(TDS)を拡張すると発表ており、これを好材料視した買いが入っている。約2500億円を投じてTDS開業以来最大の面積を拡張し、8番目のテーマポートを2022年をメドに開業するとしている。新たに開発する8番目のテーマポートは、「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」をテーマに、ディズニー映画「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」の世界を、新たに開発する4つのアトラクションなどで再現。また、パーク内に位置し、最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルも新設する予定だ。なお、同社と米ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーとの間で締結しているライセンス契約について、現行では最長で46年までの契約期間だったが、最長で76年まで延長できる内容で合意したとあわせて発表した。

■トヨタ自動車 <7203>  7,540円  +111 円 (+1.5%)  11:30現在
 トヨタ自動車<7203>が反発。注目されたECB理事会は量的緩和の年内終了を発表する一方、来年夏まで利上げしない方針を示したことが対ユーロでのドル高を誘発、これがドル円相場にも波及して1ドル=110円台60銭近辺と円安傾向で推移している。同社は通期想定為替レートを1ドル=105円で設定しており、輸出採算改善期待が株価にプラスに働いている。一方、トランプ米政権の保護主義への懸念がくすぶるなか、上値に重さも意識されている。

■任天堂 <7974>  37,610円  +480 円 (+1.3%)  11:30現在
 任天堂<7974>が反発している。米ロサンゼルスで開催中の世界最大のゲーム見本市「E3」でサプライズ発表がなかったことや、海外ファンドによる売り観測などで前日まで急落していたが、14日の取引終了後に提出された変更報告書で米ファンドのキャピタル・リサーチ・アンド・マネージメント・カンパニーなどが同社株の保有割合を9.44%から10.76%へと買い増したことが判明。需給への思惑から買い戻しの動きが強まっているようだ。なお、保有目的は純投資で、報告発生義務発生日は6月7日としている。

■コーセー <4922>  25,830円  +300 円 (+1.2%)  11:30現在
 コーセー<4922>が反発し、上場来高値を更新した。同社は14日、新たな価値創造を目的としてスタートアップ企業からアイデアや技術を募る、アクセラレータープログラムを業界で初めて実施すると発表。今後の展開などが期待されているようだ。このプログラムは「コーセーとの共創における Innovation Program」と題し、来月30日まで特設サイトで、価値創造のパートナーとなるスタートアップ企業を募集。最終選考で採択された企業と連携し、事業化にむけた実証実験を進めるとしている。

■サイバネットシステム <4312>  943円  +8 円 (+0.9%)  11:30現在
 サイバネットシステム<4312>は堅調な動き。14日の取引終了後、カナダのデータセキュリティービジネス分野大手のウィンマジック社のハードディスク暗号化製品「WinMagic SecureDoc」の販売を今月から開始すると発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。同製品は、Windows10の企業利用に適したハードディスク暗号化製品で、クライアントパソコンの起動制御、ハードディスク暗号化、外部メディアからの情報漏えい対策を1つのソフトウエアで実現したのが特徴。万一、パソコンが盗難・紛失しても、ハードディスクの中身を見ることができないうえ、利用者が暗号化を解除しようとしてもパスワードを求められるため、暗号化を解除することができないとしている。

■生化学工業 <4548>  1,583円  +6 円 (+0.4%)  11:30現在
 14日、生化学工業 <4548> が発行済み株式数(自社株を除く)の0.35%にあたる20万株(金額で4億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は6月15日から7月20日まで。

■物語コーポレーション <3097>  11,030円  -150 円 (-1.3%)  11:30現在
 物語コーポレーション<3097>が4日続落している。14日の取引終了後に発表した5月度の月次売上高で、既存店売上高が1.6%減となり、15カ月ぶりに前年実績を下回ったことが嫌気されている。主力の焼肉部門で、客数減により既存店売上高が同2.6%減となったことが響いた。なお、全店売上高は同7.5%増だった。

■オービス <7827>  1,111円  +150 円 (+15.6%) ストップ高   11:30現在
 オービス<7827>がストップ高。同社は14日取引終了後に、18年10月期第2四半期累計(17年11月~18年4月)の単独経常損益が2000万円の黒字(前年同期比67.4%減)になったと発表。従来の2900万円の赤字予想から上振れし、通期計画の1100万円を超過したことが買い手掛かりとなっているようだ。売上高は前年同期比3.2%増の43億6800万円(従来予想は42億6600万円)で着地。ハウス・エコ事業で工事ごとの原価管理の徹底を図り、売上総利益率が従来計画を2.1%上回ったことなどが利益面に寄与した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

●ストップ高銘柄
 伏木海陸運送 <9361>  1,933円  +400 円 (+26.1%) ストップ高   11:30現在
 アルファポリス <9467>  5,610円  +700 円 (+14.3%) ストップ高   11:30現在
 など、4銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

日経平均