市場ニュース

戻る
2018年06月15日11時07分

【材料】三菱UFJなどメガバンクが安い、海外市場の金利低下で売り優勢に

三菱UFJ <日足> 「株探」多機能チャートより
 メガバンクが安い。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>や三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>が値を下げた。欧州中央銀行(ECB)は14日の理事会で量的金融緩和の年内終了を決めると同時に来年夏まで利上げしない方針を明らかにした。これを受け、欧州金利先高観が後退し、米国長期金利も低下。長短金利の利ザヤ縮小観測からJPモルガン・チェースなど米大手銀行株が下落したことから、日本の大手銀行株も連動安する格好となっている。


出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均