市場ニュース

戻る

【材料】大本組<1793>のフィスコ二期業績予想

大本組 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年5月19日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

大本組<1793>

3ヶ月後
予想株価
5,100円

土木や建築、埋立事業等を手掛ける。関西国際空港などで実績。緑化技術で特許保有。マーケティング徹底で民間建築事業を強化。建築工事は売上好調。増収効果で完成工事総利益は増加。18.3期は2桁増収増益。

受注工事高は土木工事が2桁増も、建築工事が苦戦。19.3期は業績伸び悩む見通し。繰越工事高の減少等が響く公算。今期業績計画は株価の上値抑制要因だが、PBRは1倍を大きく下回る水準。当面は底堅い展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期単/F予/80,000/2,200/2,300/1,600/308.57/100.00
20.3期単/F予/84,000/3,000/3,100/2,000/385.71/100.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/05/19
執筆者:YK

《DM》

 提供:フィスコ

日経平均