市場ニュース

戻る
2018年05月31日14時02分

【材料】日本郵船は小幅安で推移、国内大手証券は目標株価を引き上げ

郵船 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日本郵船<9101>は小幅安で推移。SMBC日興証券は30日、同社株の投資評価「2」を継続するとともに、目標株価は2300円から2500円に引き上げた。19年3月期の連結経常利益を従来予想の240億円から前期比46%増の410億円(会社予想400億円)に引き上げた。20年3月期の同利益は420億円から550億円に見直した。ドライバルク市況が回復した影響を織り込んだ。同証券では、「海運市況の水準に関して、高い収益性を創出するには物足りないレベル」としているが、「同社が推進する収益安定型事業への軸足の移行」「市況のダウンサイドが限定的となってきたこと」などを考慮し、目標株価を見直している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均