市場ニュース

戻る
2018年05月31日11時06分

【材料】稀元素は3日続落し新安値、国内有力調査機関は「ニュートラル」へ引き下げ

稀元素 【日足】
多機能チャートへ
稀元素 【日中足】
 第一稀元素化学工業<4082>は3日続落し年初来安値を更新。東海東京調査センターは30日、同社株のレーティングを「アウトパフォーム」から「ニュートラル」へ引き下げた。目標株価は1190円とした。同社はジルコニウム専業メーカーで、売り上げの約6割が自動車排ガス浄化触媒向け。世界的な排ガス規制強化で触媒向けは順調な拡大が見込まれている。ただ、5月に発表した中期経営計画では積極的な投資により、21年3月期まで経常減益の計画を公表。設備はフル稼働に近いことを考慮すると短期的な業績の上振れが見込めなくなったとして、レーティングを引き下げている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均