市場ニュース

戻る

【材料】内田洋行が反発、第3四半期累計営業利益が通期計画を上回る

内田洋 【日足】
多機能チャートへ
内田洋 【日中足】
 内田洋行<8057>が反発。30日取引終了後発表した18年7月期第3四半期累計(17年7月21日~18年4月20日)連結業績が、売上高1143億3900万円(前年同期比4.6%増)、営業利益31億6500万円(同4.7%減)、純利益20億7300万円(同1.8%減)となり、営業利益が通期予想の30億5000万円を上回ったことが好感されている。

 自治体マイナンバー関連の案件や海外市場での新製品効果の反動減はあったものの、小中高校向け教育ICT分野が大幅に伸長したほか、大企業向けを中心に民間向け情報事業分野も順調に推移した。

 なお、同社の業績は多くの顧客の決算期にあたる第3四半期連結会計期間に売り上げが多く計上されることから、18年7月期通期業績予想は売上高1490億円(前期比3.1%増)、営業利益30億5000万円(同0.3%増)、純利益20億円(同1.8%増)で従来見通しを据え置いた。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均