市場ニュース

戻る

【材料】◎30日前場の主要ヘッドライン

・昭電工は全般安のなかしっかり、28年ぶりに中間配当20円を実施へ
・国際VIX短期先物は大幅に3日続伸、欧州不安背景に上昇
・サイバーセキュリティー関連高い、セキュアヴェイルは6営業日で5割高
・NF日経レバは1万9200円台まで急落、個人投資家の売買活発
・任天堂が続伸、「ポケモン」重大発表に期待
・マネーフォワードが反発、インドのフィンテック企業に出資
・マツダなど欧州関連株が軒並み安、イタリア政治不安受け下値探る
・リリカラ異彩高、インバウンド関連で悪地合いのなかも上昇波鮮明
・アーバンライフがストップ高カイ気配、東神戸センタービル売却で今期最終利益6倍に
・共同PRが一時S高、6月末を基準日とする1対3株の株式分割を発表
・gumiが急反発、仮想通貨・ブロックチェーン事業に参入
・FCHDは年初来高値更新、情報通信システム積極活用で18年6月期営業利益および配当予想を上方修正
・トヨタなど自動車株が下値模索、1ドル=108円台前半への円高嫌気
・UMNは大幅反発、塩野義薬との提携に伴う第1回マイルストーン条件を達成
・三菱UFJなどメガバンク売られる、イタリア政局不安背景とした米金融株安が波及

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均