市場ニュース

戻る

【材料】田辺三菱が反発、エダラボンの申請を欧州医薬品庁が受理

田辺三菱 <日足> 「株探」多機能チャートより
 田辺三菱製薬<4508>が反発している。28日の取引終了後、筋萎縮性側索硬化症(ALS)における機能障害の進行を抑制するエダラボン(日本製品名「ラジカット」)について、欧州医薬品庁(EMA)が申請を受理したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 ALSは、運動神経が選択的に変性・消失し、四肢、顔、呼吸筋などの全身の筋力低下と筋萎縮が進行性に起こる原因不明の神経変性疾患。エダラボンはALSの病態で上昇するフリーラジカルを消去して無害化すると考えられており、15年6月に「ALSにおける機能障害の進行抑制」を効能効果として日本で承認され、同年12月に韓国、17年5月に米国で承認を得ている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均