市場ニュース

戻る

【市況】後場に注目すべき3つのポイント~米経済指標控え様子見

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

28日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は小幅反落、米朝協議を好感も想定内、米経済指標控え様子見
・ドル・円は失速、買戻し一巡で
・値下がり寄与トップはKDDI<9433>、同2位は豊田通商<8015>

■日経平均は小幅反落、米朝協議を好感も想定内、米経済指標控え様子見

日経平均は小幅反落。5.52円安の22445.27円(出来高概算5億4000万株)で前場の取引を終えている。

25日の米国市場では石油株などが売られ、NYダウは58ドル安と続落した。ただ、米朝首脳会談の開催に向けて米朝の代表団が協議に臨んでいることが明らかとなり、北朝鮮情勢に対する警戒感が和らいだことで、本日の日経平均は38円高からスタートした。朝方には22547.67円(96.88円高)まで上昇する場面があったが、買い一巡後は伸び悩み、前週末終値を挟んだもみ合いとなった。本日は英米市場が休場となるため、海外投資家の取引参加は限られ、上値追いの動きも鈍かった。

個別では、任天堂<7974>、トヨタ自<7203>、マネックスG<8698>、三菱UFJ<8306>などがさえない。前週末のNY原油先物相場が大幅続落した流れから、国際帝石<1605>などの石油関連株は大きく売られた。産油制限の緩和観測が広がっている。一方、ソニー<6758>、東海カーボ<5301>などが堅調で、ソフトバンクG<9984>や東エレク<8035>は小幅に上げた。また、業績上方修正のイワキ<8095>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。セクターでは、石油・石炭製品や鉱業が大きく下げ、海運業なども軟調。反面、空運業、不動産業、電気機器などが上昇した。

トランプ米大統領がいったん米朝首脳会談の中止を発表した前週末にも、米朝双方に交渉余地を残すことを示唆する発言が見られたため、今般の協議は緊張緩和に向けた動きとして歓迎されつつも想定内と言えるだろう。とはいえ、完全な非核化を求める米国と段階的な見返りを要求する北朝鮮の主張にはなお大きな隔たりがあるとみられ、市場では今後の協議の行方を警戒する向きも多いようだ。

また、今週は米国で5月30日に1-3月期国内総生産(GDP)改定値、6月1日に5月雇用統計やサプライマネジメント協会(ISM)製造業景況指数といった経済指標の発表が控えている。日本企業に円安の追い風が吹くか注目されるなかで、米連邦準備理事会(FRB)による今後の利上げペースを占う重要なイベントとなる。これらを見極めたいとする思惑も投資家の様子見ムードにつながるだろう。原油高一服で見直しが進む空運株や、中小型の材料
株など一部の銘柄が散発的に買われる展開が続きそうだ。

■ドル・円は失速、買戻し一巡で

28日午前の東京市場で、ドル・円は失速。米朝首脳会談の再調整を好感した円売りが先行したが、日本株の弱含みを背景にドルの買戻しは一巡した。

6月12日に予定されていた米朝首脳会談はいったん中止されたものの、その後米朝の歩み寄りによる再調整で円売り先行。また、イタリアの組閣で欧州連合(EU)懐疑派の入閣が困難となったことも円売りを支援したようだ。

本日は英米両国の市場が休場のため、商いは低調。ランチタイムの日経平均先物はプラス圏で推移し、目先の日本株の反転を見込んだ円売りが想定される。反面、109円台後半は売り圧力が強まるため、上値の重い展開が想定される。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円32銭から109円83銭、ユーロ・円は127円99銭から128円37銭、ユーロ・ドルは1.1677ドルから1.1712ドルで推移した。

(為替・債券アナリスト 吉池威)

■後場のチェック銘柄

・ALBERT<3906>や、やまねメディカル<2144>など、5銘柄がストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値下がり寄与トップはKDDI<9433>、同2位は豊田通商<8015>

■経済指標・要人発言

・通信社
「文在寅韓国大統領が米朝首脳会談に参加する可能性」

・日・4月企業向けサービス価格指数:前年比+0.9%(予想:+0.5%、3月:+0.5%)

☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・衆参予算委員会・集中審議

<海外>
・休場:英国(スプリング・バンクホリデー)、米国(メモリアルデー)

《HH》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均