市場ニュース

戻る
2018年05月28日12時34分

【材料】岡本硝子は堅調、ガラスフリットを大幅に増産と報じられる

岡本硝子 <日足> 「株探」多機能チャートより
 岡本硝子<7746>が朝方から堅調な動きとなっている。きょう付の化学工業日報で、「ガラスフリットを大幅に増産する」と報じられており、これを好材料視した買いが入っている。

 ガラスフリットとは、携帯電話用基板や車載用ECU基板、太陽電池セルの導電ペーストなどに使われる粉末ガラスのこと。記事によると、中国や台湾など海外太陽電池メーカーの開発投資や生産増強に対応するのが狙いとしており、18年度は太陽電池セル向けアルミペースト用フリットの生産量を前期の月1トンから1.5トンに引き上げるとしている。また、銀ペースト用フリットについても、前期の倍の出荷量を計画しているとあることから、業績への寄与が期待されている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均