市場ニュース

戻る

【市況】概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は4日ぶりに反発、天然ガス大手ノバテック(NVTK)の大幅上昇

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

【ブラジル】ボベスパ指数 78897.66 -1.53%
25日のブラジル市場は3日続落。主要指標のボベスパ指数は前日比1224.65ポイント安(-1.53%)の78897.66で取引を終えた。80628.85から78622.41まで下落した。

買いが先行した後は下げ幅をじりじりと拡大させた。原油価格の下落が圧迫材料となり、資源の一角に売りが広がった。国内では、景気の伸び鈍化観測などが引き続き嫌気された。一方、北朝鮮情勢がやや緩和していることが指数をサポート。北朝鮮は米国と会話の用意があると発言した。

【ロシア】MICEX指数 2306.57 +0.55%
25日のロシア株式市場は4日ぶりに反発。主要指標のMICEX指数は前日比12.56ポイント高(+0.55%)の2306.57で取引を終了した。2296.91から2316.13まで上昇した。

終始プラス圏で推移し、終盤に上げ幅を再び拡大させた。天然ガス大手ノバテック(NVTK)の大幅上昇などが指数を押し上げた。同社が手掛けているプロジェクトLNG-2に対し、フランス企業が10%出資することで同意したことが好感された。また、北朝鮮が米国と会話の用意があると発言したことも支援材料。一方、指数の上値は重い。ブレント原油価格の下落が足かせとなった。

【インド】SENSEX指数 34924.87 +0.76%
25日のインドSENSEX指数は続伸。前日比261.76ポイント高(+0.76%)の34924.87、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同91.30ポイント高(+0.87%)の10605.15で取引を終えた。

終始プラス圏で推移し、後半に上げ幅を拡大させた。景気の加速観測が好感された。2018年度の成長率が7.5%まで加速すると予測されている。また、最近の下落で値ごろ感も強い。

【中国本土】上海総合指数 3141.30 -0.42%
25日の上海総合指数は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比13.35ポイント安(-0.42%)の3141.30ポイントと3日続落した。

原油安が逆風。産油国が増産に転じるとの思惑で、昨夜のWTI原油先物が続落したことがマイナスだ。資源関連株が売りにおされ、全体相場の重しとなっている。ただ、大きく売り込む動きはみられない。中国財政部は24日、国有企業の1~4月利益が18.4%増加したと発表した。成長ペースの加速が市場に好感されている。

《CS》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均