市場ニュース

戻る
2018年05月27日12時30分

【材料】キヤノン<7751>のフィスコ二期業績予想

キヤノン <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年5月14日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

キヤノン<7751>

3ヶ月後
予想株価
4,000円

カメラ、事務機器大手。一眼レフは世界トップ。半導体・液晶露光装置や有機EL蒸着装置も手掛ける。監視カメラと医療機器を新事業として育成中。監視カメラ強化に向け、今年5月にイスラエルの映像解析会社買収を発表。

18.12期はデジカメが出遅れ。医療機器も力強さに欠く。だがオフィス向け複合機などが堅調。半導体市場の活況を背景に露光装置の好調続く。監視カメラは順調に拡大。通期では増収・二桁増益へ。株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.12連/F予/4,300,000/404,000/420,000/280,000/259.32/160.00
19.12連/F予/4,380,000/430,000/446,000/300,000/277.84/160.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/05/14
執筆者:JK

《DM》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均