市場ニュース

戻る
2018年05月25日17時21分

【通貨】外為サマリー:1ドル109円30銭台で推移、米長期金利の低下が重荷

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 25日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=109円35銭前後と、前日午後5時時点に比べ20銭強のドル安・円高となっている。

 欧州時間のドル円相場は軟調な展開で、109円30銭台を中心とした動き。時間外取引で米10年債の利回りが低下していることが重荷となっているようだ。NYダウ先物はプラス圏を維持しているが、今晩に予定されるパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を見極めたいとのムードもあり、積極的にはドルを買いにくい状況となっている。

 ユーロは対円で1ユーロ=127円84銭前後と同60銭強のユーロ安・円高。対ドルでは1ユーロ=1.1686ドル前後と同0.0030ドル強のユーロ安・ドル高で推移している。


出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均