市場ニュース

戻る

【経済】(中国)上海総合指数は0.20%安でスタート、米中通商交渉の長期化観測などを警戒

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

25日の上海総合指数は売り先行。前日比0.20%安の3148.41ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時42分現在、0.16%安の3149.61ptで推移している。米中の通商交渉が長期化するとの観測が警戒されている。また、トランプ米政権が輸入自動車・自動車部品に対し、最大25%の関税を検討しているとの報道も、新たな貿易戦争への懸念を強めている。一方、海外マネーの流入期待が指数をサポートしている。

《AN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均