市場ニュース

戻る

【市況】米国株見通し:自動車関連銘柄への買いが支援材料に

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

S&P500先物  2731.50(+0.75) (16:50現在)
ナスダック100先物  6968.50(+11.50) (16:50現在)

16時50分時点のグローベックス米株式先物市場でS&P500先物とナスダック100先物はともにほぼ横ばいで推移している。NYダウ先物は5ドル安程度で推移。欧州株式市場もほぼ横ばい推移となっている。米原油先物は小安く推移している。こうした流れを受け、24日の米株式市場は売り買い均衡で始まるとみられる。

なお、23日の取引終了後、米国政府が安全保障を理由に自動車・同部品に追加関税を課す輸入制限の検討に入ると発表している。24日の日本・ドイツの株式市場では株価下落の要因となったが、今晩の米株式市場では自動車関連銘柄に買いが入り、支援材料となる可能性が高い。

経済指標では4月の中古住宅販売件数、3月の住宅価格指数、先週の新規失業保険申請件数が発表される。3-4月の住宅関連指標では住宅着工件数が予想以上に堅調な数字だった一方、一戸建て新築住宅販売件数は弱めだった。しかし、1-2月の寒波・降雪の反動で3-4月の住宅関連指標が強めに出やすくなっている可能性は高く、中古住宅販売件数や3月の住宅価格指数で米住宅市場の堅調さが確認され、米株式市場の支援材料となることも予想される。

《KK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均