市場ニュース

戻る

【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は続落、DMP、和心が売られる

 24日大引けの東証マザーズ指数は前日比3.97ポイント安の1166.77ポイントと続落。値上がり銘柄数は83、値下がり銘柄数は161となった。

 個別ではイオレ<2334>、テラスカイ<3915>、うるる<3979>、オンコセラピー・サイエンス<4564>、メドレックス<4586>が年初来安値を更新。ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>、和心<9271>、コンヴァノ<6574>、ソーシャルワイヤー<3929>、ジーニー<6562>は値下がり率上位に売られた。

 一方、アークン<3927>がストップ高。オイシックスドット大地<3182>、デファクトスタンダード<3545>、みんなのウェディング<3685>、PR TIMES<3922>、ユーザベース<3966>など9銘柄は年初来高値を更新。ビープラッツ<4381>、マネーフォワード<3994>、バーチャレクス・ホールディングス<6193>、メタップス<6172>、ホットリンク<3680>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均