市場ニュース

戻る
2018年05月24日12時17分

【通貨】仮想通貨「モナコイン」に続き、「ヴァージ」でも攻撃発生【フィスコ・アルトコインニュース】


仮想通貨「ヴァージ(XVG)」が4月以来2回目の攻撃を受け、3,500万XVG(約2億円相当)が不正流出したことが明らかになった。

22日にインターネット上の投稿により、攻撃者がマイニング(仮想通貨の新規発行と取引認証の際に行われる計算作業)の処理能力の過半数を支配することで不当な取引を行う「51%攻撃」に成功したことが発覚。 XVGの開発チームがツイッターの公式アカウント上で同日、一部のマイニングプールに対するDDoS(分散型のサービス妨害)攻撃の発生とブロックチェーン上の遅延を認め、解決に取り組んでいると伝えている。

先週15日までには、XVGと同じ「プルーフ・オブ・ワーク(PoW=仕事の証明)」と呼ばれる合意アルゴリズムを採用する仮想通貨「モナコイン(MONA)」が同様の手法で攻撃を受け、海外の交換業者の資金が消失する事件が起きたばかり。PoW型の仮想通貨の中で、マイニングによる計算作業の難易度が比較的に低いコインの脆弱性が狙われたと見られている。

XVGに関しては4月にも51%攻撃を受けたことから、ハードフォーク(分裂による技術改善・仕様変更)が行われたが、対応が不十分だったとしてインターネット上で批判の声が挙がっている。

XVGの価格は、コインマーケットキャップのデータによると、攻撃が発覚した前日21日の終値が0.054ドルだったのに対し、23日には一時25.4%減の0.040ドルまで下落した。 尚、日本国内では現在、XVGの取り扱いを行っている取引所はない。

《MT》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均