市場ニュース

戻る

【材料】<注目銘柄>=大阪ソーダ、300億円を投資する中期計画を策定

大阪ソーダ <日足> 「株探」多機能チャートより
 大阪ソーダ<4046>は5月8日、今後3年間で300億円を投資することなどを掲げた21年3月期までの新中期経営計画を発表した。

 投資計画の内訳は、基礎化学品や機能化学品を中心とした既存事業の能力増強や新規事業の創出に150億円、IoTやAIの導入など事業構造改革・維持投資に100億円、M&Aや事業提携投資などに50億円を投じる予定。新製品開発では電池材料や電気自動車(EV)関連素材の市販化、次世代素材であるカーボンナノチューブの製造技術の確立および量産体制の構築などを目指し、最終年度となる21年3月期の連結経常利益目標は110億円(18年3月期実績は74億8500万円)としている。

 株価は10日に上場来高値となる3180円をつけ、その後は上げ一服商状となっている。ただ、PER12倍台、PBR1.1倍台と指標面に割高感はなく、再び上値を試す展開が期待される。(参)


出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均