市場ニュース

戻る
2018年05月18日12時43分

【材料】サンリオは後場上げ幅を拡大、21年3月期に営業利益100億円目指す中計を評価

サンリオ <日足> 「株探」多機能チャートより
 サンリオ<8136>は後場上げ幅を拡大している。この日の正午ごろ、21年3月期を最終年度とする中期経営計画を発表しており、最終年度に連結営業利益100億円(18年3月期57億3400万円)を目指すとしていることが好感されている。

 「ソーシャルコミュニケーションギフトビジネスの会社として戦略的なグローバル企業に変革する」ことを方針としており、マーケティング機能の強化・再整備や、サンリオ初のアニメ・デジタル事業の確立、顧客接点としての物販事業の再構築、成長領域である中国市場への注力などを行うとしている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均