市場ニュース

戻る
2018年05月18日11時38分

【材料】◎18日前場の主要ヘッドライン

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
・東芝は横ばい圏で推移、中国が東芝メモリの売却を承認
・五洋建に底入れの兆し、国内有力証券が業績増額余地を背景に「強気」フォロー
・アゼアスやエアーテックが大幅高、コンゴのエボラ出血熱流行で関連銘柄に思惑買い
・NTNが6日続伸、21年3月期に営業利益570億円を目指す中計を評価
・日経平均臨時入れ替え予想、日新製鋼に代わり「DIC」「洋ゴム」など採用候補
・プロパティAは大幅高で上場来高値更新、ブロックチェーン関連の不動産ビジネスで注目
・大真空が続急伸、需要堅調で19年3月期営業利益3.4倍見込む
・ロコンドが一時7.5%高、19年2月期売上高1.5倍見通しで買い呼び込む
・VOYAGEは6日続伸、持ち分法適用会社ログリーの新規上場で6万株を売り出し
・アイレックス続急伸、次世代通信システムの開発需要に取り組み19年3月期経常利益3.7倍見込む
・東エレクなど半導体装置株が売られる、米アプライドマテリアルズの業績見通しが売り誘発
・ピクセラ続急伸、家電製品企業の買収で業容拡大効果に期待
・都築電気はカイ気配スタートで4ケタ大台うかがう、株主優待新設をバネに上げ足加速へ
・トヨタなど買い優勢、1ドル=110円台後半の円安進行を好感


出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均