市場ニュース

戻る
2018年05月18日09時09分

【材料】アイレックスが買い気配、今期最終は3.2倍増益へ

アイレックス <日足> 「株探」多機能チャートより
 アイレックス <6944> [JQ]が買い気配でスタート。17日大引け後に発表した18年3月期の連結最終利益は前の期比14.3%減の2億2100万円で着地。非連結決算に移行する19年3月期の同利益は前期連結比3.2倍の7億1000万円に急拡大する見通しとなったことが買い材料視された。

 今期はクラウド構築や組み込みソフト開発に加え、次世代通信システム関連の需要取り込みに注力し、9.3%の増収を見込む。前期に計上した子会社合併による退職給付費用がなくなるほか、連結子会社の吸収合併に伴い、抱合せ株式消滅差益4.2億円が発生することも利益を大きく押し上げる。

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均