市場ニュース

戻る
2018年05月17日15時03分

【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日ぶり反発、ALBERTがS高

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 17日大引けの東証マザーズ指数は前日比25.31ポイント高の1152.35ポイントと3日ぶり反発。値上がり銘柄数は160、値下がり銘柄数は86となった。

 個別ではALBERT<3906>がストップ高。SOU<9270>は一時ストップ高と値を飛ばした。FRONTEO<2158>、みんなのウェディング<3685>、クラウドワークス<3900>、バリューデザイン<3960>、ユーザベース<3966>など10銘柄は年初来高値を更新。コンヴァノ<6574>、オウチーノ<6084>、HEROZ<4382>、RPAホールディングス<6572>、メドピア<6095>は値上がり率上位に買われた。

 一方、イオレ<2334>、ジェネレーションパス<3195>、アプリックス<3727>、テラスカイ<3915>、イノベーション<3970>など15銘柄が年初来安値を更新。ASJ<2351>、ベガコーポレーション<3542>、イトクロ<6049>、エンバイオ・ホールディングス<6092>、イード<6038>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース

日経平均