市場ニュース

戻る

【市況】15日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は193ドル安と9日ぶり反落

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 15日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比193.00ドル安の2万4706.41ドルと9日ぶりに反落した。

 米10年債利回りが一時3.09%と6年10カ月ぶりの水準に上昇したことが警戒されNYダウは反落。金利上昇を受け、住宅関連株のレナーやトール・ブラザーズ、ホーム・デポが下落した。アップルやアマゾン・ドット・コムが安く、キャタピラーやボーイングも値を下げた。JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスも軟調。半面、ウォルマートやナイキ、ウォルト・ディズニーが高い。

 ナスダック総合株価指数は、前日比59.688ポイント安の7351.627と反落。出来高概算は、ニューヨーク市場が8億58万株、ナスダック市場は21億1814万株となった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均