市場ニュース

戻る
2018年05月13日16時20分

【材料】テイカ<4027>のフィスコ二期業績予想

テイカ <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年5月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

テイカ<4027>

3ヶ月後
予想株価
3,200円

塗料・インキ向け汎用用途の酸化チタンと化粧品向け機能性用途の微粒子酸化チタンが主力の化学会社。界面活性剤やエレクトロ・セラミックス製品も扱う。汎用用途の酸化チタンは需給逼迫。18.3期3Q累計は増収増益。

化粧品向け表面処理製品を中心に機能性製品が健闘。塗料向け汎用用途製品など酸化チタンも好調を維持。製造原価の低減努力で収益力の向上も推進。18.3期・19.3期と業績は続伸基調を維持へ。株価再上昇を予想。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/43,000/6,500/6,500/4,500/191.38/28.00
19.3期連/F予/47,500/7,500/7,700/5,350/227.53/33.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/05/02
執筆者:HH

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均